国産・輸入合板の最適な調達能力と国内最大級の合板加工工場で日々価値創造しています。[株式会社センエイ]

スタッフ紹介

吉川風人(よしかわ かざと) 業務部 部長 2005年入社
※掲載内容は2014年2月現在のものです

担当している部署での、仕事内容は?

最初の入社当時の仕事は、営業管理でした。
売上の管理や仕入れ原価の管理、原材料の輸入業務など、スタッフとして先輩のサポートをすることからスタートしました。その後、総務と人事の担当になり、5年前からの大学新卒採用の仕事もずっと担当しています。

新卒採用を始めたきっかけは?

一番の理由は、社員の高齢化でした。
当時、平均年齢が47歳で、なおかつ60歳以上の社員が多かったので、5年後には熟練工がいなくなるという危機感がありました。中途採用で補充するという方法もあったのですが、社長が「新卒学生を採用して、真っ白な状態からセンエイカラーに染めていきたい」と発案し、毎年数名ずつ採用していこうということになったのです。

リクルーティングで気をつけていることは?

会社説明会には毎年、100名以上の就活生の皆さんが集まってくれるのですが、そこでいかに学生の心をつかむかが勝負だと思っています。そのために、社長自らの熱い思いをぶつけてもらいながら、どんな若者に入社してもらいたいかを語ってもらいます。
社長のメッセージに加えて、若手社員の生の声も聞けるようにプログラム構成しています。
センエイを選んだ理由や現在の仕事内容などをスピーチしてもらい、残りの時間は学生さん達との質疑応答に当てています。こうした若手社員とのコミュニケーションは好評で、説明会後のアンケートでも、「先輩の説明を聞いて会社のことがよくわかった」「あの先輩と一緒に働きたい」といった声も寄せられます。

採用選考も担当しているのですか?

一次面接後にだいたい半数くらいに絞り込むのですが、その時だけは、社長と意見のすり合わせをします。
でも面白いもので、ほとんど意見は一致します。
いいなと思える人は、誰の目にもとまるということです。

これまでの中で、最も達成感を感じた仕事は?

職場復帰した2005年に、ISO9001を取得しようという話になって、事務局を担当することになりました。4名のスタッフで、何もないところから管理システムや書類など、ひとつひとつ手作りしていったのですが、事前の予備審査では、次々に不備を指摘されて、山ほどの課題を与えられ全員意気消沈。
それでも翌日から気を取り直して、こつこつと作業を積み上げて、いよいよ本審査の日を迎えました。審査員がひと通りの確認を終え、認証の見通しが立った時、プロジェクト責任者だった先輩の目がみるみる潤んで、涙ぐむのがわかりました。
大の大人が、男泣きするほど仕事に打ち込んできたのかと思うと、私の目もウルウルきて、1年半にわたる作業が走馬灯のように頭の中を駆け巡りました。あの瞬間の達成感は、何ものにも代えがたいものとして、今も鮮明に記憶しています。

仕事をする上で気をつけていることは?

総務部門は、あらゆる部署との関わりがあるセクションで、基本的に聞き役です。
とりわけ私の場合、社員からの相談ごとをよく受けます。
他部署へのお願いごとであったり、会社への苦言であったり、まあだいたい相手にはっきり言いにくい問題を、
「あいだに入ってなんとかしてよ」という調子で私の方へ預けにくるわけです(笑)。
そういうナーバスな問題を、相手に向かって直截的に話すと角が立つし、後々、人間関係がぎくしゃくするので、私が別の言い方にうまく変換して伝達しなければなりません。
婉曲表現でソフトに言いながらも、問題点には気づいてもらい、反省や改善行動を促すという、ストレスのたまる仕事です。常に社内の人間関係がスムーズにいくように心配りをするのが、私の役目のひとつだと思っています。

個人的な課題は?

この5年で、新卒社員が次々に入社してきて、若手が増えています。
人事担当である私は、社会人として、センエイ社員として問題ある若手社員の行動を見つけたら、その場でびしっと叱責して、反省を促さなければならないのですが、どうもそれがうまくできません。
多分に、性格的なものだと思います(笑)。
でも、甘すぎるのも若手のためにはならないので、これからは心を鬼にして、びしばし指導していくつもりです。

将来的な目標は?

若い頃から責任ある仕事を任せてもらい、今は社長の側近スタッフのひとりとして、経営マネジメントをサポートしています。個人的な目標としては、今後さらに経営マネジメントの能力を高め、経営者的な視点や考え方を学び、将来企業経営の一部を任せてもらえるような人材に成長したいと思っています。
そのために読書やセミナー参加など、自己啓発に努めています。

就活中の若者にアドバイスするとすれば?

まずは、できるだけたくさんの企業の説明会に参加することだと思います。その中でいくつか、良い出会いがあるはず。そういった縁のある会社での面接は、必ず自分の思いが伝わるものです。
その1社にセンエイがなれればいいなと思います。
センエイでは数年もすれば、若手社員でも責任ある仕事を任せられます。
社長にも近く、自分の意見がスピーディに反映され、どんな部署でもやりがいが見つけられます。
ぜひ、センエイの会社説明会に参加してみてください。

センエイとは一言でいうとどんな会社?

正直で真面目な会社です。

株式会社センエイ

〒596-0011 大阪府岸和田市木材町15-4
TEL:072-436-5769 / FAX:072-436-5759