国産・輸入合板の最適な調達能力と国内最大級の合板加工工場で日々価値創造しています。[株式会社センエイ]

スタッフ紹介

土山泰平(どやま たいへい)
マテリアル事業部 営業課 主任 2010年入社
※掲載内容は2012年4月現在のものです

センエイに入社したきかっけは?

リクルーティングサービスのエージェントから、センエイの企業説明会に参加しないかという電話アポをいただき、会場で間崎社長の熱弁を聞いて、エントリーしてみようと思いました。会場には、ざっと100名くらいの学生が集まっていたと思いますが、そんな中で2名の採用枠に入れたのは、幸運だったと思います。

入社後、社長に話を聞くと、新卒学生を採用するのは10年以上のブランクがあったそうで、僕ら2人が本当に久方ぶりの新人だったとか。「即戦力ではないけれど、真っ白なところからセンエイカラーに染めていきたい」という社長の思いを知り、入社後の研修にも力が入りました。

担当している部署での、仕事内容は?

階段の材料になる合板を積層する部門で、接着剤を使用して、合板などの材料を貼り合わせしています。
製造現場では自分が一番年下なので、ベテランの方々にいろいろと指導をしてもらいました。
配属されたばかりの時、製造課長から、「先輩から指示されたことを、できないなりに一生懸命やるようにしなさい」と言われたことを肝に銘じて、仕事に取り組んできました。

3年目に入って、成長は感じますか?

先輩方に引っ張ってもらったおかげで、未熟ながらもひと通りのことはできるようになってきたと思います。
新人の頃は、自分だけの仕事に集中していれば良かったのですが、現在は人に指示をださなければならない立場。
人を動かすのは難しいことですが、今の仕事は楽しいし、やりがいを感じています。
社長から、「君が成長したおかげで、練り合わせる現場の生産性が上がった。はっきり数字にも出ているぞ」と激励された時は、一生懸命に取り組んできて良かったと思いました。
それ以後も、曖昧な感覚で済ませず、はっきりした数字で結果を残させるようにと意識しています。

仕事をする上で大切にしていることは?

1日の目標をはっきりさせて、現場のスタッフに明快に指示を出すように努力をしています。
新人の頃は、朝製造現場に入って夕方上がれば良い、定時まで会社にいたら良いという受け身の考え方しかなかったのですが、今は、朝一に仕事量をざっと把握したら、それを15分刻みで業務工程に割り振りして、午後の何時くらいには全て終わらせるようにしようという、具体的なスケジュールを意識して管理するようになりました。その結果が、生産性の向上にも現れているのだと思います。

仕事でミスしたことはありますか?

それは、ありますよ(笑)。
つい最近、厚みの計り間違いという、初歩的なミスをしてしまい、すごいショックでした。
そういう基本的なことだから余計に、現場スタッフも誰も気づかずラインで流れてしまい、後の祭りでした。
それからは、何度も確認しながら、徹底して計測するようにしています。
会社には申し訳ないと猛省していますが、それを無駄にしないためにも、「失敗から学ぶ」という姿勢を大切にしたいと思います。

就活中の人たちに、メッセージをお願いします。

中小企業の魅力は、大企業にはないスピードで、いろいろな仕事をやらせてもらえること。
入社して半年もすれば、責任ある仕事を任せてもらえるので、大きな充実感があります。
大企業にはない、そういった良さを求める人には、ぴったりの職場です。
チャレンジ精神旺盛な人たちに、ぜひ志望してもらいたいと思います。

株式会社センエイ

〒596-0011 大阪府岸和田市木材町15-4
TEL:072-436-5769 / FAX:072-436-5759